網膜で結んでいる像

人間は、網膜で結んでいる像を脳にデータとして伝えることでものを理解しています。
目だけで認識していると感じがちですが、実際は「脳でものを識別している」ことになります。
これが真実です。今と同様の仕事を維持するかぎり、眼精疲労は治りません。眼精疲労を治すために治療を試していても、ひたすら、目に優しくない仕事を続けなければならないのが普通でしょう。
そうなってしまうと眼精疲労の治療の効果も十分な結果が得られないことも考えられます。
そこで、日々のセルフケアが必要になります。
眼精疲労の症状をなくすケアはぜひとも毎日継続させてください。
あなたの両目を眼精疲労の状態にならないように守り、目を健康に保つ最大の方法なのです。
ケアし続けることだけが眼精疲労の治療の道なのです。
目をいろんなところに回す体操も眼精疲労に効果があります。目を上下左右に動かす体操です。
この体操の動きで、眼球にこれまでとは違った動きを与え、眼筋をほぐします。現代の人は眼球を盛んに動かす機会が減少しているため、眼筋のストレッチ効果の希望がもてます。1時間ノンストップでパソコン画面を見つめたら、1分間くらいでいいので瞳を閉じてゆっくりしてください。とても楽ですが、その短い休みが眼精疲労の適切なケアとして効き目があります。
つい熱中して怠らないよう覚えておいてください。

Comments are closed.