紫外線の強い季節

いつも紫外線の強い季節がやってくると日焼けを防止するために日傘や帽子と共に日焼け止めを塗る方もたくさんいるでしょう。
以前は日焼け止めと言ったら白いミルクのようなものが当たり前でした。
もし仮に長時間屋外で運動する、マリンスポーツを行うときは30以上の商品を使用しましょう。SPF50以上ある日焼け止めも売られていますが、本当にこれらの商品を使う必要があるのは、1日の間ずっと外で何かをするときくらいなのです。
けれども、これら二種類がそれぞれ何を表しているのかを間違わずに言える人は、それほどたくさんいないのではないかと思われます。
数字は大きい方が効果が期待できそうだから、きまって大きい数字の商品を選んでいるという人もいることでしょう。それからPAですが、PAはシワ並びにたるみの元である紫外線A波の影響をどれだけ防げるかを表しています。効能はPA+~PA++++といった四段階で表示されており、数が多いほど効果も大きくなります。このことからおよそ300分後まで延期することができます。そして、SPF30なら600分後ほど後までという意味になります。
ですから、犬の散歩や近くの店への買い物など日常生活だけを考えた際にはSPF15でも十分だと言えそうです。

Comments are closed.