森林破壊を食い止めよう

現在、地球では深刻な森林破壊が起こっています。その結果、地球温暖化や異常気象、生態系の破壊などさまざまなトラブルが起こっているため、森林保護が急務となっています。

熱帯雨林で森林が伐採されている理由は、建築用の木材に使われるためです。建築物にコンクリートを使用する際に使われるコンクリートパネルは、数回使用しただけで排気されます。さらに、割りばしも資源の消費スピードを早めています。

また、木材は紙を作るために使用するバルプ用にも使われています。本を読むなとはいいませんが、贈答品に使う包装紙を簡単なものにするとか、本屋での紙カバーを断るとか、紙コップや使い捨て食器を使わないなどの工夫が必要です。

古紙を再生紙としてリサイクルすれば、紙資源の浪費は軽減できます。実際、日本の古紙回収率はだんだん上がってきており、製紙業者も古紙の利用を進めています。個人個人が、なるべく再生紙を使うようにする努力が必要です。

Comments are closed.