地球環境保護における自動車の対策

ecocar

自然保護を行っていくうえで欠かせないのが、自動車に対する取り組みです。自動車は窒素酸化物(NOX)や微粒子物質(PM)を排出するため中国など世界各地で大気汚染が進行しています。特に古いディーゼル車から排出されるPMが深刻で、健康被害が心配されています。大気汚染の対策としては、まず二酸化窒素やPMに関する環境基準が制定されることが望まれています。

日本においては、2001年に政府による低公害自動車の普及対策を実施し、自動車の環境負荷を減らすことを目的とした「低公害車開発普及アクションプラン」が策定されました。目標は2010年度までに低公害車を1000台以上、燃料電池車を5万台普及させることとしています。そのため、エコカー減税などを導入して低公害車の普及推進が行なわれています。

さらに公害の少ない燃料電池車などの開発も進んでおり、今後は次世代低公害車に注目が集まるはずです。

Comments are closed.